ベッドを買いにカリモク家具ショールームへ行ってきました

こんにちは、家具の上野ウェブ担当の上野(兄)です。

先週の日曜日、カリモクのショールームへ行ってきました。

この日6月30日は価格改定前の最終日。

値上げ前にうちでも何か買いたいなぁ、と思いまして、

前から気になっていたカリモクの板バネ(ウッドクッション)ベッドを買うことにしました。

販売担当の上野(弟)にいろいろ説明してもらってきましたのでこちらでご紹介したいと思います。

 

ダブルクッション構造

このベッドの特徴は何といっても「ダブルクッション構造」。

通常、マットレスの下はスノコなどの板になってますが、

カリモクのこのベッドは写真のように板のバネの構造になっています。

この板バネ、中心部に並んでる「スライダー」を動かすことで、

固さを調整できるんですね。

通常のベッドでは買った後、マットレスの固さは調整できないじゃないですか?

でもこのベッドなら「もうちょっと柔らかくしたいなあ」と思ったら、マットレスをぺろっとめくって板バネのスライダーをいじれば、簡単に固くしたり、柔らかくしたりすることができます。

これを体の部位ごとに自在に調整できるのので、腰は硬め、肩は柔らかめ、みたいにできるわけです。

これから体のあちこち痛くなってきそうな年齢になっていくので

こういう調整ができると長く快適に使うことができそうです。

 

こちらは背中を柔らかめに、腰を固めにした配置。

こんなふうにいろんな調整が可能です。

 

マットレスは3タイプ

マットレスは板バネ専用の薄型のものが3タイプあります。

3層のファイバー、5層のエアー、think sleepフィットの順に高機能、高価格となり、さらに消臭効果等のあるヌフかノーマルかそれぞれ選べます。

私は寝心地と価格とをにらめっこしながら5層構造のエアーフィットを選びました。
肝心のフレームは部屋の幅的に長さの短いものを選びたかったので、

こちらのシンプルなデザインのNU49のセミダブルにしました。

色はモルトブラウンを選択。

 

一緒に連れてった姪っ子たちは電動ベッドが気に入ったようですがこちらは50万以上、手が出ません(笑

フレーム、マットレスに加え専用のベッドパッドとシーツのセットを決めて、即日発注をかけてもらい無事に旧価格で注文することができました。

 

納品が待ち遠しいです^^
ベッドが届いたらまたブログにて紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です